一人暮らしをきっかけにWiMAXを契約してみた

私は昨年、大学進学を機に一人暮らしを始めることとなりました。
大学から自転車でおよそ10分程度のアパートに住むことに。部屋はそれなりにこぎれいで、これからここで新生活が始まるのだ、とウキウキした気持ちでした。
ところが問題が一点ありました。契約したアパートには光回線が通っておらず、契約して部屋まで回線を引いてもらう必要があったのです。
しかし、私は根っからの面倒くさがりで、契約やら工事やら、大家さんに話を通すやらが非常に億劫…。とは言えインターネットが使えない不自由には耐えられません。
そこで、せっかくだしということでWiMAXを契約することにしました。

 

WiMAXを選ぶ決め手になった理由は三つあります。

 

まずは使用するのに工事が必要ない点です。契約の手続きはもちろんありますが、それ以外には面倒ごとはありません。

 

もう一つは契約から使えるようになるまでが早いことです。
普通の光回線を部屋に引くとなると、最近では結構早くなったらしいですが、それでも数日〜2週間程度はかかります。現代っ子の自分がそんなにインターネットを使えないのは想像できません。しかしポケットWiFiなら端末が手に入ればすぐさまネットに接続できます。

 

最後になんといっても回線速度が非常に速い!光回線とそん色ないのではないでしょうか。ネックになるのは通信制限ですが、この基準も「直近3日間で10GB以上」と非常に大容量です。オンラインゲームをバリバリやるとか、動画を見まくるだとかしない限りまず超過しないでしょう。

 

ところが注意点ももちろんあります。実際に私が感じたのは、ルーターから少し離れると途端に通信速度が遅くなることです。
WiMAX性質上障害物に弱く、壁の向こうなどで使おうとすると電波が遮蔽されてしまいます。
ですがこのデメリットも、部屋が狭い人にはあまり関係ないことかもしれません。実際私の部屋もワンルームでしたから、あまり気にはなりませんでした。

 

新生活がこれから始まる方の中には、ネット回線を見直そうと考える人もいるかもしれません。そんな時は私の体験を参考にしてみてください。

 

意外に使えるWiMAX、コスパの良さは期待以上だった! 20代女性

実家に帰省するときに、WiMAXのポケットWi-Fiを利用しました。モバイル系のルーターは様々なタイプがありますが、WiMAXの良いところは安いということです。月額あたり3,000円で利用することができわずか千円札3枚でどこでもインターネット接続が楽しめます。

 

ポケット系のWi-Fiは接続が遅い・悪いといわれていますが、私の感想は「大手と変わらない通信速度」。動画ばかり見まくる人にはやや物足りないことも、もしかしたらあるかもしれませんがフツーにネットの閲覧+ワード+エクセルを使う人であれば問題なく使えるレベルです。

 

ただ一点気になる点をあげるなら、混雑するスポットでの使用はやはり通信速度が下がるイメージです。ひとつの中継所に集中するせいか、ネット接続が遅いと感じるタイミングが数回ありました。大きな駅のカフェで使う場合には、年始年末・休日などはサクサク度が落ちることを認識しておいた方がイイかもしれません。

 

実家は九州地方の田舎にあるのですが、実家の家の中でもWiMAXは威力を発揮してくれました。「田舎だと大手でないと繋がりにくい」はあながちガセネタになっているようです。こんなに人口減少が著しい田舎の家でもフツーに使うことができたので、多くの人は問題を感じずに接続できるのではないでしょうか。

 

ちなみにガチャピンムックのCMでもお馴染みのWiMAXは、ユーザー数を上げたいせいか速度制限をおこなわない会社として知られています。接続する会社によっては、このような速度制限をかけるところも多いためヘビーユーザーは要チェック。私の場合も速度制限のストレスを感じることなく、深夜や早朝思い思いのネットライフを楽しむことができました。

 

ちなみに私が使ってみたのはNECが制作しているモバイルルーターです。NECはパソコンメーカーとして著名ですが、壊れにくくタフな造りが自慢。重量は128グラムと重たさを感じないデザインになっています。小型テレビのようなスタイリッシュなシルエットなので、見栄えを重視する方にもオススメです。

 

ページの先頭へ戻る